バンパーの塗装が剥がれた時に自分で行う補修方法

傷自体はごく浅い状態の場合の修復方法

自動車は移動手段として多くの人が利用しており、ちょっとした買い物だけでなく送り迎えた家族で旅行など様々な場面で活用できますよね。ですが同時に駐車するときなど壁などに擦る事で、バンパーなどの塗装が剥がれてしまうことも多くあります。そんな時は修理工場を利用せず、自分自身で修復することで修復コスト自体を抑えることが可能ですよ。では実際に行う方法としてごく浅い状態の傷の場合ですが、コンパウンドを活用することで補修が可能になりますよ。浅い傷であれば細目タイプのコンパウンドをつけて磨く事で、傷自体が目立たなくなりますよ。磨いてる最中にキュッキュッと高い音がなると、しっかり磨けている目安にすることができますよ。細目の後は極細と磨き、最終的に液体コンパウンドで磨くことで綺麗に修復できます。

表面を擦ってしまってできた傷の修復方法

バンパーにできてしまう塗装剥がれの度合いですが、傷によっても見え方に違いはありますよね。そんな傷のなかでも表面を擦ってしまうと、擦った箇所だけ取れてしまった傷になる事もありますよね。そんな時の補修方法ですが、まずは剥がれてしまっている傷周りをしっかり水洗いをした後に油分や汚れを落とします。特に油分や汚れがある状態で修復してしまうと、仕上がりが綺麗にならないので最初の時点でしっかり綺麗にすることが大切ですよ。修復に使用するアイテムは、車塗装用のエアータッチになります。エアータッチ自体は傷から離した状態で、傷と並行になるように動かしながら吹きつけていきます。一度に厚みを持たせて吹き替えてしまうと、液が乾燥しないので液だれの原因になってしまいます。何度も乾燥と吹き替えを繰り返して重ね塗りをするとよいですよ。スプレーが終わればクリアーとぼかし剤を拭きかえることで仕上げることができます。綺麗に塗装をすると、近くでみても目立たないほど綺麗に補修ができますよ。

枝や部品などによるひっかき傷の修復方法

バンパーにできやすい傷として表面を擦るような傷の他に、枝や部品の角などでひっかいてしまう引っかき傷もありますよね。傷自体は細いですが、深く掘れてしまうこともあり目立つ傷の1つです。では実際に自分で補修する方法ですが、まずは傷周りをしっかり洗って綺麗にします。水洗いだけでなく埃や油分もしっかり洗い流します。次に傷部分がへこんでしまっているので、パテを塗りこんで傷を埋めていきます。パテには付属のヘラが付いているので、傷にパテを押し込むようにしっかり修復します。パテ自体は乾燥させることで硬化するので、太陽の光にしっかりあてて20分程度乾燥させるとよいですよ。その後はパテの表面を滑らかにするように擦った後は、表面の擦り傷と同じようにエアータッチを使用して色を塗れば大丈夫です。車の傷は自分では無理だと考える人も多いですが、しっかり理解していれば手軽に修復することができて便利ですよ。

記事一覧